敏感肌の基礎知識

敏感肌の基礎知識記事一覧

敏感肌ってどんな肌?敏感肌とは

最近、敏感肌は増加傾向にあると言われ、「自分は敏感肌だ」と思っている人が70〜80%にも上るというデータもあります。もしかしたら、あなたも知らず知らずのうちに敏感肌になっているかも!?では、敏感肌とはどんな肌のことを言うのでしょうか。実は、敏感肌に明確な定義はありません。一般に、肌に触れる物によって「かゆみが出る」「赤くなる」「肌荒れが起こる」などの症状が出る場合を指すことが多いです。また、季節や環境の変化によって肌が荒れてしまう、いわゆる「ゆらぎ肌」も敏感肌と言えるでしょう。アトピー肌も敏感肌の仲間です。肌のバリア機能が低下している!敏感肌の人に共通しているのは、お肌のバリア機能が低下してい...
続きはコチラ

敏感肌の原因は?

近年、増加傾向にあるという敏感肌。私たちの肌が敏感になってしまうのは、どうしてなのでしょうか。敏感肌の原因は、主にセラミド不足によるものです。アトピー肌は、セラミドがとても不足していると言われています。セラミドは、お肌の表皮の角質層に存在していて、角質層の細胞と細胞をくっつける役割をしています。セラミドが不足すれば、角質層の細胞と細胞はバラバラになってしまい、その隙間から外部刺激がどんどん入り込んでしまいます!そのように、細胞と細胞がくっつかずバラバラな状態が、”キメが整っていない”ということであり、敏感肌の根本の原因です。敏感肌の方は、まずセラミドがお肌に不足しないようにすることが大切です。...
続きはコチラ

敏感肌対策!スキンケアで気をつけたいこと

敏感肌の対策に触れる前に、お肌の構造を簡単に確認しましょう。お肌は、外側から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層からなっています。一番外の表皮では、皮脂と汗によってできる皮脂膜が、細菌などからお肌を守る役割と、乾燥を防ぐ役割をしています。表皮は、さらに4層に分けられますが、4層の一番外の「角質層」にはセラミドがあります。セラミドによって、お肌のバリア機能と水分保持機能が保たれています。その下の真皮には、コラーゲンやエラスチンがお肌のハリ・弾力を保っています。真皮にはヒアルロン酸も存在し、お肌の保湿をする役割を持っています。さらに内側の皮下組織は、主に脂肪で、外部刺激や衝撃から内臓や骨を守っていま...
続きはコチラ

敏感肌の人が肌荒れを起こしやすい成分

■アルコール(エタノール)化粧品に使われるアルコールは、化粧品の清涼感、防腐、引き締め効果のために使われます。でも、肌が非常に弱い人の場合、刺激になることもあります。化粧品の使われるアルコールは、お酒と同じもの。また、消毒用とも同じです。しかし、その濃度が異なります。お酒はアルコール度でわかるように様々ですし、消毒用は70%程度です。化粧品はというと、10〜15%。同じアルコールでも濃度が違えば、皮膚への影響も異なります。アルコールは嫌煙されがちですが、入っていないと逆に防腐剤が多かったり、使用感が悪いことも・・・しかし個人差があるので、アルコールが多いと肌がかぶれるという人は避けましょう。■...
続きはコチラ

化粧品による肌トラブル(ピリピリやかぶれ、かゆみ)の原因と対処法

化粧品でピリピリ感やかぶれ・かゆみが出てしまう人は、自分が何で荒れてしまうかを知ることが大切です。なかなか見極めは難しいですが、成分表示を見ること、使う化粧品の使用感・使用後の肌トラブルを記録することが近道でしょう。日記感覚で、どんな成分が入っている/入っていないコスメでどのような状況になったのか、自分のカルテのようなものを作ると、自分に合わないものが見えてきます。肌荒れを起こしやすい主な成分として、以下のものがあります1)アルコール2)人工着色料3)人工香料4)鉱物油5)紫外線吸収剤6)紫外線反射剤7)アレルゲン(小麦・卵・牛乳・大豆など)8)植物多くの敏感肌コスメでは「無香料、無着色、無鉱...
続きはコチラ

無添加化粧品の裏事情!

”無添加”と聞くと、肌に悪い成分が何も入っていないという印象を受けます。しかし、”無添加”というのは、何が無添加なのでしょうか。香料が無添加? 着色料が無添加? まさか有効成分が無添加!?多くの”無添加”商品の場合、保存料、着色料、香料が配合されていないものを指します。でも、”無添加”という表記に飛びつくのは危険です。何が入っていて、何が入っていないのか、自分で成分表示を見て確かめる必要があります。また、自分が何が配合されていると肌荒れを起こすか、知ることが大事。例えば、エタノール(アルコール)は避けられがちですが、清涼感や肌のひきしめ効果、防腐効果があります。自分がエタノールでも肌が赤くなっ...
続きはコチラ

オーガニック化粧品の裏事情!

オーガニックは多くの芸能人が愛用していたり、化学成分が少ない又は不使用で、お肌によいとされています。また、オーガニック栽培の植物は、通常の植物よりもパワーがあるのです。ですので、一般の化粧品で”植物の効果”をうたっているものよりも、オーガニックの方が質や効果が高いといえます。しかし、オーガニックも粗悪なものを使えば、肌トラブルの原因に。粗悪なものだと、安全性が確保されていなかったり、オーガニックの成分はほんの少しで、あとは安価な化学成分であることも・・・。オーガニックコスメを選ぶ際の目安になるのが、オーガニック認証機関マーク。オーガニックコスメの、原料の栽培方法や配合基準が厳しく、合格したもの...
続きはコチラ

化粧品を変えた時にシミたりかゆみが出たら使用を中止するべきか!?

新しい化粧品を使うのは、楽しみな反面、敏感で肌が荒れがちな人にとっては不安ですよね。化粧品を変えてみて、シミたりかゆみが出てしまったときは、直ちに使用を止めましょう。このような場合は、アレルギーを起こしていたり、刺激になっている可能性が高いです。体調によって、一時的に過敏になる場合もありますが、シミたりかゆみが出たら、使用をやめて皮膚科医に相談するのがベストです。また、シミたりかゆみが出た化粧品の成分を控えておくと、以後の化粧品選びに役立ちます。
続きはコチラ

人気コスメTop3の口コミをチェック!

アヤナス オラクル アテニア

最近肌の衰えを感じていて、友だちからアヤナスを紹介されました。

低刺激なのに肌の奥まで潤いって行く感じでツルスベになります。


口コミをもっと見る

肌のキレイになろうとする力を引き出してくれるコスメなんです。
香りがとても素敵で、しかもしっかりと潤う!
雑誌や芸能ブログでも紹介されて人気急上昇中。

 

口コミをもっと見る 

ポーチが可愛かったので購入しました。
商品は期待していなかったのですが、思いのほかよくて現品も買っちゃいました。



口コミをもっと見る

敏感肌化粧品選びに迷ったら!当サイト人気記事Best3


このページの先頭へ戻る